2016/09/30

楽しげのショップ


家とかいろいろなグッズのショップ。

OFF THE WALL - Shopping, games, and prizes!!!;    Off The Wall (116, 139, 2)

2016/09/29

物の多い場所


これだけ多くのものがSLでも配置できるようになったんですね。ただ、表示には時間がかかります。

Amatorum;                         Theory (132, 178, 24)

2016/09/28

キノコシティ


キノコとプラントの取り合わせの妙。

Darkness Prevails - Shattered Masquerade RP;        Daligdig Island (162, 240, 48)

2016/09/27

ファンタジーの場所


デート場所にいいかも。

Once Upon A FairyTail @ Cape Juniper;                          Hollandaise (154, 94, 56)

2016/09/26

京都



やっぱ京都は絵になります。

Kyoto Kagai;             Mineko (159, 107, 24)

2016/09/23

TEATRE MARITTIMO 05 復元作業


modo801での作業画面。基となる平面図は現地修復作業現場の看板写真から、断面図はネットでみつけた図面。それらしくはなってますが、断面はZ方向がアバウトかな。

2016/09/22

TEATRE MARITTIMO 04 部屋の構成


外周の回廊が大きな面積を占めてます。円形の島の中は真ん中に中庭、それをコの字型に囲んで部屋があります。浴室関連が入り口からみたら右ブロック、左ブロックが収納展示スペース的なところ、正面ブロックが居住部らしきとこです。
この構成も特異です。家とは思えません。では何だったのか。
ハドリアヌス帝は150ヘクタールに及ぶこの別荘の地に、ローマ帝国の視察先を再現したといわれています。
であるならば、 TEATRE MARITTIMOは配置計画からみてもそれの凝縮された場であると仮定できます。
外周の回廊は多くの彫刻やレリーフの展示に、収納展示スペースは最もおきにいりの小物美術品で埋っていたと思われるのです。つまり、ハドリアヌス帝は壮大な収集マニアだった。ワオ。